本文へスキップ




JSC TOYAMAは、富山で活動するサッカークラブです

プロフィールCONCEPT

育成方針

 1997年に前身の大山フットボールクラブでは、県内外で実績を積み、各所で活躍するすばらしい指導者との出会いをきっかけに全国大会出場やJリーガーの輩出など目覚ましい進歩を遂げることができました。
 そして2011年を基点に、JSC TOYAMAを設立いたしました。
 「技術は財産」を合言葉に「個のスキルアップ」のためのトレーニングを行うとともに、県外との交流試合の場を多く提供し、全国レベルとの競争を図るための環境づくりを目指します。
 JSC TOYAMAコーチングスタッフは、カテゴリー担当制ではなく、幅広く選手を指導することで個の成長を図ります。
 また、コミュニケーションを積極的に行い、選手一人ひとりの特性を活かします。
 そのような環境の中から、将来トッププレイヤーが育つことを願うとともに、サッカーを通じて得たものを活かし、社会に貢献できる人材の育成を目指しています


チームエンブレム

【チームエンブレム】

 
 JSC TOYAMAのエンブレムは、「生命の星」をモチーフとしています。
 JSC TOYAMAとして2011年にSTARTした訳ですが、同時に忘れることのできない大きなことも起きました。
 そして、あらためて知ることができたのが「命の尊さ」でした。
 JSC TOYAMAでは、子供達にその尊さを伝えるべく、このマークをチームのエンブレムとしました。
【意 味】
 
赤色は、生命・エネルギー・積極性・情熱・自己主張・粘り強さを意味し、枠の水色は、希望・親切・解放的・自由・変化・変身の機会を意味しています。 また、赤と水色は相性のとれた色同志であるため、世間との調和を意味します。
 中にある黄色は、エッグを意味し「再生・復活の象徴」です。
 未知なる可能性と再生・復活・知性の象徴であり、潜在能力を引き出すこと、固定概念の殻を破ることを意味しています。


組織・役員

代 表 山崎 範男
-
監 督 渡会 真典
C級
コーチ 舟木 浩和
C級
コーチ 岡本 光臣
C級
コーチ 外山 正和
C級(+GK C級)
コーチ 若島 直樹
C級
コーチ 小野 淳一
-
コーチ 山本 進一
D級
コーチ 堀  朋之
D級
コーチ 田近 裕貴
C級
コーチ 木屋村政司      
C級
父母の会会長  松原 央明
-

【クラブサポート(保護者会)について】(ジュニアのみ)

 Jr世代は、クラブだけでなく、保護者の力が必要不可欠です。
 JSC TOYAMAでは、以下の事項について保護者会主導でご協力していただいています。
 ・練習時の選手の送迎(各自)
 ・殿様林グラウンドの管理
 ・招待大会等の運営
 以上のことを行うことで、クラブ活動に必要な個人負担の減につながっています。
 詳しくは、「招待試合収入・管理費・年間費(個人負担)」によってクラブ運営がなされております。
 また、コーチはボランティアで行っているため、人件費がかかりません。
 JSC TOYAMA保護者会は、所属選手だけでなく、殿様林グラウンドを訪れる選手達に、良い環境を提供するための活動を行っているわけであり、「縁の下の力持ち」なのです。

tonosamarings blogバナースペース

JSC TOYAMA

〒930-1336
 富山県富山市桑原70番地
 JSCクラブハウス

TEL 090-6273-6466
mail JSC-TOYAMA@tam.ne.jp